Yoshimitsu Sagara, Ph.D.

Assistant Professor,
Research Institute for Electronic Science, Hokkaido University
JST-PRESTO Researcher

E-mail: sagara  es.hokudai.ac.jp

(Please insert @ between "sagara" and "es")

 

ResearcherID: N-1957-2015

ORCID: 0000-0003-2502-3041

相良 剛光(さがら よしみつ)

博士(工学)

北海道大学 電子科学研究所
物質科学研究部門 スマート分子材料研究分野 助教
JST さきがけ研究者 「光極限」領域

 

 我々の研究グループでは、"こする"、"すりつぶす"、"引っ張る"といった機械的刺激に応答して蛍光特性(蛍光色・強度)が変化する有機材料を開発しています。

 例えば、右の動画では結晶性の化合物がすり潰されて緑色の蛍光色から橙色の蛍光色に変化しています。また、右下の動画では、フィルムを伸ばしたり縮めたりすることで、その蛍光がON/OFFスイッチすることがわかると思います。

​ これらの材料は、我々の研究グループで開発している機械的刺激に応答して発光特性が変化する材料の、ほんの一例です。

 現在、新しい研究に果敢にチャレンジする、熱意がある学生さんを募集しています。研究室見学は随時行っていますので、興味のある方は上記アドレスまで連絡をください。

!News!

2019.6.19.  BODIPY誘導体を用いたロタキサン型超分子メカノフォアに関する論文が

            ACS Applied Materials & Interfaces誌にAcceptされました。

            村松達也君の研究成果です。

 

2019.5      白色蛍光のOn/Offスイッチエラストマーに関して、C&EN News の他、様々

            なメディアで取り上げられました!       

2019.4.24.  白色蛍光を伸縮によりOn/Offスイッチするエラストマーに関する論文が

            ACS Central Science誌に掲載されました。

 

 

 

2019.4.14.  Publicationsを更新しました。

2019.4.9.   平成 31 年度 文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞しました。

2019.2.6.   ホームページを開設しました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now